家から始めたい!デザインの世界

一戸建て

私は現在、父・母・猫と実家暮らしです。
うちの家は賃貸なんですが古いので、そこらじゅうにガタがきていて、すきま風も入るしお風呂のドアも壊れていてしまいにはトイレの天井から水漏れ…
住んでからは15年ほどですが、私の年的にもそろそろ家をでて一人暮らししたいなと考えています。
私が独り部屋というものを初めて得ることができたのは大学生に入った頃でした。
そのときからインテリア・雑貨にとても興味を持ち始めて今では好きな雑貨や自分でつくったコラージュ・インテリアなどで部屋を充実させてます。
家を借りるのはもちろんですけど、やっぱりインテリアにこだわろうとするとお金ってかかりますよね。
いまちょうど一人暮らしの部屋を探しているところなんですが都心部なのでやはり高くて狭い…
そこで思ったのが、ワンルームでもいいからロフトがほしい!ということです。
ロフトがある家って意外に安いです。しかも寝室をロフトに置いてしまえばもう二部屋も同然ですよね。
私はファッション関係で活動しているので、「作業する空間」と「リラックスする空間」をスパっとわけたいんです。
布を広げたり図面をかくときって、たとえインテリアでも物がごたごたしてるとすごく邪魔になるんです。
糸とか針も床に落ちまくるのでラグもひけません。
それと対照的にいま私が住んでる実家の独り部屋はものすごくものが多いんです。
家族柄そうなのかもしれないんですが、うちってものすごく物が多くて。
父の仕事柄廊下の壁一面には本棚がならんでいるし、ピアノの上にもものがたくさん置かれてたり。
そんな家で育ったので周りに物がおおいと安心するんです。
広い部屋にぽつんといるよりも、たくさんの布や本やクッションに覆われたい、そんなところです。
で、この二つってつまり同じ空間に置けないわけなんです。
かたや何もない空間が都合がいい、かたや物が多い方が安心できる。
でも都心で二部屋なんて贅沢は言えないし、1DKで仕切られてるとしてもDはほぼ何かをするスペースではないですよね。
そこで思いついたのがロフトだったんです。
猛烈にいろんなアプリでロフトの部屋を探し始めたらこれがもう楽しくてやめられません。
最近知ったんですが、リノベーションの部屋もすごくいいみたいで、木造でも防音がしっかりしてあるみたいなんです。
楽しみすぎて今からこそこそと一人暮らしに向けて小物を集めています。
いつかの一人暮らし、きっと遠い未来ではないでしょうが、素敵な家に住みたいものです!